肌荒れと漢方

漢方から見た肌荒れとは?

肌荒れは様々な原因で起こる症状です。
東洋医学では顏にもたくさんのツボや内臓の反射区があると考えられており、時にこうした肌荒れも内臓の不調を表していると解釈されます。 
例えば顎周りに出来るニキビは、ホルモンなどの影響が大きいとされていて、婦人科系の不調があると考えます。

 

鼻まわりのニキビや赤みなどは胃腸の不調が関わっているとされ、食生活改善やストレスの解消などが肌荒れを改善する上で重要なテーマとなります。

 

肌状態から内臓の不調を読んで、根本的に治す方法を考える訳です。

漢方には陰陽五行説の考えにのっとった食事法もある

肌荒れには元々の肌の質も大きく関わっています。
脂性肌や混合肌、敏感肌など色々なタイプがありますが、こうした肌の傾向も東洋医学ではその人の体質の一部として捉えます。
ですので、治す方法を考える場合でも、食べ物や生活習慣などその人の生活を総合的にに見て判断を下すことになるのです。 

 

肌荒れ原因は時としてホルモンバランスなども関係しています。
部分的なことに捕らわれすぎず、広い視点で改善策を考えていくことが大切なテーマとなるのです。

 

ところで、体を作るのはいうまでもなく、「食」です。
食事を見直すことで身体の不調を整えることを目指すのが食養法ですが、これは肌荒れにもあてはまります。
漢方では、陰陽五行説の考えにのっとった食事法=食養法が伝えられています。
それを意識した食生活やサプリメントというのも、肌荒れ対策によいかもしれません。

肌荒れにおススメのサプリメント
はズバリはこちらから