肌荒れに効く食事

肌荒れに効く食事とは?

肌は体の具合を、鏡のように反映していると言えます。
肌荒れを防ぐには、まず全身が健康でなければなりません。
そのためには、偏りのない食事が重要になります。

 

特に、タンパク質やビタミンは、健康な肌を作るのに欠かせない成分です。
毎日バランス良くとることで、肌荒れとは無縁でいられることでしょう。

 

タンパク質も、生きていく上で欠かせない重要な栄養成分で、みずみずしい肌の元ともなります。
魚、肉、大豆は身近な食材でもあり、いろいろな食材と組み合わせて、食事を楽しくしたいものです。
特に、納豆や豆腐の原料である大豆は植物性タンパク質が豊富な上、食物繊維も摂れるので、肌荒れと便秘を同時に改善できます。

緑黄色野菜や果物も肌荒れに効く?

また、緑黄色野菜や果物に豊富なビタミン類も、タンパク質に劣らず重要な栄養成分です。
ビタミンAはざらついた肌に潤いを与え、乾燥肌や小ジワを防ぐ働きがあり、ビタミンB2はダメージを受けた肌荒れを修復させるのに欠かせません。
なお、ビタミンCは過熱に弱い成分なのですが、ジャガイモのビタミンCは過熱による損傷が比較的少ない食材なので、食事で効率よく摂れる優良食材です。

 

ところで、肌はまた排出器官の一つでもあります。
肌荒れは、本来は便として排出されるはずだった毒素や老廃物が、肌から排出された結果であるともいえるのです。
便秘は美肌の大敵であるのは言うまでもないでしょう。

 

便秘改善には食物繊維ということで、食事で野菜や果物を多くとろうということになるのですが、他には乳酸菌の摂取もオススメです。
ヨーグルトに多く含まれることで有名ですが、味噌や納豆などの和の食材、洋物ではチーズやピクルスなどを使った食事もオススメです。

肌荒れにおススメのサプリメント
はズバリはこちらから